駅から5分以内で通える東京の英会話スクールを大調査!

今度こそ実力がつく英会話スクール探し【東京版】

東京の駅チカ英会話スクールで比べてみました!ぜひ参考にしてください。

外国人と日本人どっちの講師がいいの?

英会話を本格的に習うなら、英語がネイティブスピーカーの講師と、日本人の講師とどちらを選ぶのが正解なのでしょうか?以下に、外国人講師と日本人講師それぞれの良い点や注意点をまとめました。

発音と会話経験を重視するなら外国人講師

外国人講師に教わるメリットは、大きく分けて以下の2つ。

正確な発音

イギリス英語・アメリカ英語など出身地による差異はありますが、日本語にはない微妙な音の波長や高低、また抑揚のつけ方などをしっかり学ぶことができます。

臨場感・緊張感

外国人講師に教わることによって、「英語で話さないと通じない」という意識が生じ、英語を会得するモチベーションアップが期待できます。また、「外国人と英語で話している」という体験の積み重ねが自信へとつながっていきます。

一方で、日本人講師に教わるメリットは以下の3点と言えます。

文法

日本人講師には、専門的な英語の勉強をしてきた人が多いため、文法上の細かい違いなどの知識が豊富です。外国人講師は自然に英語を身につけているため、細かい文法上の違いなどは説明できないこともあるようです。

安心感

日本語が話せるため、どうしても分からない部分は日本語での解説やサポートを受けることができます。「この日本語は英語でどう言えばいいのか」などといった疑問にも対応でき、何かと便利です。

フォロー力が高い

日本人講師はその多くが自分で勉強して高い英語力を身に付けた人たちです。そのため英語学習の先輩として、日本人が間違えやすい部分などを理解しやすく、レッスン外での学習方法やお勧めの参考書などについて具体的に相談できるという利点があります。

決め手は日本人への指導経験

外国人講師と日本人講師それぞれのメリットをまとめると、
「これから英語を始めたい」という初級レベルの人には、フォローの手厚い日本人講師、
「少しは英語が分かるけれどももっと上達したい」という人は、外国人講師のレッスンで英会話経験を積むという方法がお勧めと言えます。

ただ、国籍に関係なく、講師を選ぶ際に最も重要と言えるのが「日本人への指導経験」!

とくに外国人講師などは、ネイティブスピーカーであっても、日本に来るまで英語を教えた経験がないという人もいます。日本人講師の中でも、英語力は高くても教える経験はまだまだ…という人も少なくありません。

日本と外国の文化の違いや国民性の違いからくる、間違えやすい部分や理解しにくい部分などをきちんと理解し、それらを丁寧にフォローしてくれる講師が、本当に指導力の高い講師と言えるでしょう。

ページの先頭へ